トップ

ターゲットを分析する

サロン集客にはパンフレット

パンフレットで集客する

手足がいつまでも冷たくなかなか温かくならない、お風呂に入ってもすぐに手足が冷たくなってしまう。末端冷え性とは、手足の末端部分にうまく血液が回らないことで冷たくなってしまう症状です。末端冷え性の人というのは、体温維持のための熱を体内で十分に作り出せなくなっているのです。冷え性の改善方法は、冷え切った手足を温めるだけではなく、熱を作りやすい体にする必要があります。

<末端冷え性になる原因は?>

血液の流れが悪いと血行不良から末端の手足が冷えてしまいます。熱は筋肉を動かすことで放出されますが、手足の先には元々筋肉が少ないため熱エネルギーを起こすことが出来ないのも原因です。末端冷え性の原因として特に多いのは、体温の調整をしている自律神経の乱れから来る冷えです。

人の体には交感神経と副交感神経の2つの自律神経があり、バランス良く働くことで体の機能を保っています。寒い時には交感神経が活発になり、手足を冷たくすることで反対に体の内部の体温を正常に維持しようとします。ですが体内の熱量が不足した状態では、脳が過剰に反応してしまい体から熱を逃がさないようにと交感神経ばかりが過敏に反応してしまい、手足のような末端は冷え切ったままになってしまうのです。

熱量不足以外にも、自律神経はストレスや生活習慣次第でバランスを乱しやすい傾向にあります。運動不足で筋肉が少ないと熱を作り出せませんし、過剰なダイエット、偏食、ストレスが多いことなども自律神経を乱れさせて体温調節を狂わせてしまいます。末端冷え性を改善するためには、体を内側から温める食生活と運動習慣をつけて筋肉量を増やし基礎代謝を上げることが大切です。

また過敏になっている交感神経を休めるために、副交感神経を優位にすることも大切です。リラックスすると副交感神経が活発になるので、半身浴をしたり音楽を聴いたりするといいでしょう。